ワークショップについて
 

豊かな遊びを子どもたちの日常に!

〜 ワークショップいろいろ 〜

  親子であそぼ!  は こちら   
  みんなであそぼ! は こちら   
  アートであそぼ! は こちら   
  大人もあそぼ!  は こちら  
  wakushoppuqin_zideasobo.htmlwakushoppuminnadeasobo.htmlwakushoppuatodeasobo.htmlwakushoppuda_renmoasobo.htmlshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3
今、
このこどもたちに必要なのは “ 遊ぶ ” こと。
そう感じて始めたのが <ワークショップ> です。

 こどもたち自身が感じ、想像し、表現する喜びに出会えるように!

こどもが、こどもらしく、こども時代を充分に生ききる!
そんな当たり前のことを、当たり前のように
保証していくにはどうしたらいいのか・・・
それらを一緒に考えていく場が、
山の音楽舍の < ワークショップ > です。
光り輝く子ども時代を!!

20年ぐらい前でしょうか

舞台で出会うこどもたちの瞳が 何だか曇って見えはじめたのは・・・


「さわって!!」

「遊んで!!」


・・・そんな こどもたちの声が 聞こえたような気がしました。


そこではじめたのが <ワークショップ> 


こどもたちと一緒に遊びたい!

こどもたちに遊びを伝えたい!


では、どんな遊びを届けるの?


・・・こどもたちに 生きていく知恵と力を授ける遊びを・・・

・・・感じる心を育む遊びを・・・


・・・いろんな事を試して最後にたどり着いたのが 


<わらべうた>


長い長い歴史の中で 語り継ぎ 歌い継がれてきた<わらべうた遊び>は、

“生きていく知恵と力”がぎっしり詰まった、まるで宝箱のようでした。


そういえば私たちが育った頃は、こんな遊びが日常に溢れていましたっけ・・・


しかし!

ふとまわりを見渡すと!

今や立派なおもちゃやテレビに取って代わられそう・・・


ですが、いやいやまだ間に合うかもしれません。


こどもたちに、本当の意味での “ 豊かな遊び ”届けたい!



こどもたちの〈日常〉“ 豊かな遊び ”

そして時々、〈非日常〉として “ 豊かな舞台 ” を!


この生きにくい現代の中で、こどもたちが生きる力をつかみ取るには、

この両方が必要だと、私たちは考えています。