山の音楽舎について

1 かえる はっぱいい気分_edited.png

私たちは、

『豊かな音楽を丸ごと体感できる舞台創りを』をモットーに、98年に活動を始めました。

最初は “純粋に音楽の楽しさ” を伝える<音楽会>形式のものでしたが、

徐々に “人と人とが出会うってこんなに面白いんだよ” を伝える<音楽劇>へ、

そしてさらにもう一歩踏み込んで “音楽ってこんなに心もからだも自由にしてくれるんだよ”も伝える

<ワークショップ>へと活動の場を広げ、現在は、

《 舞台 》 と 《 ワークショップ 》

  

の両方を軸に活動しています。

連日テレビや新聞で流される悲惨なニュース。

そんな中で生きていく子どもたち、大人たちに、

少しでもゆったりできる、そして少しでも豊かになれる “時” を手渡せたら、と思っています。

あかおに舞台.jpg

おはなしと一緒に どきどきしたり

音楽と一緒に わくわくしたり 

心が いっぱい動く舞台

会場解像度高元版.jpg

七色の

おいしい あったかい

空気を届けたい。

あんたらり〜②2015.jpg

マスクを超えて!届けたい

コロナ禍でも できること

コロナ禍だから 必要なこと

木.jpg

私たちの願い

<生の舞台>だからこそ醸し出すことのできる

“おいしい空気”  を手渡すこと。

子どもたち自身が感じ、想像し、表現する “喜びに出会う” 手助けをすること。

そして、

音楽を通してこどもたちの'心'に “豊かなたね” を蒔くこと。

  これが 私たちの願いです。

山の音楽舎のこれまで

 山の音楽舍は、音楽劇・音楽会等の制作・上演を目的として98年に活動を開始しました。以後、子どもたちの心にたねを蒔く <舞台活動> と、子どもたちの心とからだと声・言葉を遊びながら耕していく<ワークショップ活動> の両方を軸に活動を展開しています。成果や効率が求められる現代においても、子どもたちが豊かな感性を手にし、自分自身の人生を切り拓いていけるよう、芸術文化の力で働きかけていくことを目的として活動しています。

1998年 山の音楽舎発足。保育園・幼稚園等で音楽会公演を開始。

1999年 うたと打楽器による音楽劇「ラッセのにわで」(演出 伊藤多恵)を制作、初演。保育園・幼稚園での巡回公演を始める。

2000年 うたものがたり「ちいさなもみのき」(演出 伊藤多恵)初演。

2002年 【2002子どもと舞台芸術 出会いのフォーラム】において、子ども劇場首都圏プロジェクト「はじめてのおしばい」に参加、「ふわふわ山の音楽会」を初演。以後、ベイビーシアターの研究、実践を重ねる。うた芝居「ないたあかおに」(演出 伊藤多恵)初演。ワークショップを開始、実践を重ねる。

2003年 「とんがり山の音楽会」(演出 伊藤多恵)初演。

2004年  子ども劇場2005年度企画に作品を提出。徐々に活動範囲が全国に広がる。

2006年 「うたのたね〜おんがくのはじまり〜」(演出 宇佐美陽一)初演。

2012年  ひかるんシアター「ミミとトト」(演出宇佐美陽一)初演。地域の子どもたちへ届けるアート活動として、子ども夢基金の助成を受けて「アートキャンプ」を開始。

2013年 「まわるんシアター とんだトロップ」(演出 宇佐美陽一)初演。芸術文化振興基金の助成事業として「うた芝居ないたあかおに」巡演(2013年度〜2021年度継続)。

2015年 「うみのそこのうたものがたり〜貝のゆめ」(演出 くすのき燕)初演。日本児童・青少年演劇劇団協同組合ベイビーシアタープロジェクトの設立に参画。

2017年 ポーランドポズナン市国際芸術乳幼児演劇祭(SZTUKA SZUKA MALUCHA)に「うたのたね」で参加。

2018年 イタリアボローニャ市国際乳幼児演劇フェスティバル「Visioni di future,visioni di teatro...」に「うたのたね」で参加。

2019年 文化庁劇場・音楽堂等機能強化推進事業「ベイビーシアターうたのたね〜おんがくのはじまり〜」巡回事業

2020年 合同会社設立。神奈川県文化芸術再開加速化事業補助金、川崎市文化芸術活動支援奨励金、文化庁文化芸術活動の継続支援事業等の補助を受け、感染対策についての学習、独自ガイドラインの作成、ガイドラインに則った公演の再構築等に取り組む。

2021年 文化庁ARTS for the future!の補助を受け、ひかるんシアター「ミミとトト」(演出宇佐美陽一)再演。

お家_edited.png
074815_edited.png

たねをまく人

私たちは、

人の声や素朴な楽器、

それに人のからだが紡ぎ出すハーモニーを大切にしています。

 

“今、この時” を生きる子どもたちに、

“今、この時にこそ出会ってほしい舞台や遊び”  を届けることを 大切にしています。

 

私たちの考える  “豊かなたね”  は、小さな小さな  “しあわせのたね”

毎日のくらしの中で、地域の大人たちによって 耕された畑(心)にぽとんっ・・・とおとす “ひとつぶのたね” 

 

そう〜 っと芽を出し 葉をのばし つぼみをつけて 花ひらく・・・

いつかの その日を 楽しみに 一緒にたねまき してみませんか?

太陽_edited.png
双葉さんまい_edited.png
​わくわく ドキドキ うた芝居・音楽劇・音楽会
山の音楽舎ぎりぎり_edited.png