トロップ背景_edited_edited.png
torop-enkei.jpg

まわるんシアター とんだトロップ

躍動感あふれるおはなしを、じっくりと

 山の音楽舎がおくるアートシアター第一弾は、
 手仕事作家 山方ミユキさんと一緒に創りだす

 ファンタジーの舞台です。


 ゆったりとした語りと素朴なうた、

 それに <まわるん>の名の通り、
 まぁるい円形の台をまわしながら

 あたたかい人形と一緒にお話がすすんでいきます。
 躍動感あふれるおはなしを、じっくりお楽しみ下さい。

背景麻布細かい.jpg

原作/小野かおる(福音館書店刊)
演出・美術・音楽/宇佐美陽一
人形製作/山方ミユキ
出演/原田正俊

主な対象/3才〜8才 
上演時間/35分 
定員/80名まで 
上演実績/保育園、幼稚園、児童館、
おやこ劇場こども劇場
上演に際して/仕込み2.5時間 

​  会場舞台サイズ間口4m奥行き4m 平土間

背景麻布細かい.jpg

おはなし

北の国のちいさな村に、

トロップという 男の子が住んでいました。

その村では 毎年お祭りで、とびあがり競争が催されます。

トロップも 一生懸命ジャンプの練習をしますが、なかなか高く飛べません。

 

ある日、それをみていた 森に住む大男の まほうつかいが、

そっと ジャンプのこつを教えてくれて・・・

背景麻布細かい.jpg
torop-mukasimukasi_edited.jpg
背景麻布細かい.jpg
トロップとぶ2013あさのみ保_edited.jpg
トロップ背景_edited_edited.png
トロップ裏-01.jpg
トロップ裏-03_edited.jpg
全員集合.jpg
背景麻布細かい.jpg

とんだトロップをみて・・・

  • いっぱいとべてよかったね。ちゃんと帰ってこられてよかったね(3才)

  • いきなりたかくとんだから、すごいと思いました。(年長)

  • きれいな声で、楽しい人形の劇でした。トロップがかわいくて、おもしろかったです。(小3)

  • トロップがまいごにならないかしんぱいだった。でも、かえってきたからよかった。またみたいな。(小1)

  • クライマックスでのこどもたちの「あんぐりあいた口!」トロップが戻ってきた時のみんなの笑顔が最高でした

  • 5才のこどもと一緒に観ました。息子がぐっとトロップの世界に入っていって、終わってもなかなか戻れないほどでした。とてもあたたかで、不思議な世界をみられて良かったです。

  • 30分という時間がうそのように、ゆったり満足できた時間でした。こどもにウケるようにとか、飽きないようにとか・・・そんな思いの全く無いこの作品は、大人でさえも、お話に身をゆだね心地よかったです。最後のクライマックスでの子どもたちの<あんぐりあいた口>!心配だったり、???だったり、またこの間が!!!トロップが戻ってきたときの、観客の笑顔が最高でした。チラシの裏に「夢見る力を子どもたちに」とあります。夢に向かって頑張っているときに「ガラタック」が現れたらどんなにすてきでしょう。子どもたちを見守りながら応援する大人が、周りに一人でもいたら、どんなに豊かな子ども時代になるでしょう。原作の力(まさか日本のものだったとは!)、編みぐるみの立ち人形の温かさ、素朴でありながら<回る>という驚きの舞台、そして音楽のやさしさ。歌い手の人柄。どうかどうか、この作品が多くの小さな人たちに届きますように。(おやこ劇場事務局 ちやちゃん)

​わくわく ドキドキを 届けたい!
山の音楽舎ぎりぎり_edited.png